FC2ブログ

石匠風間ブログ

深谷から箴言

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

定演2017

そういえば今度の日曜は深谷シティフィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会です。第11回です。
まさか衆院選挙投票日にぶつかってしまうとは。まあなんら関係ないのですけどw

DMLpnRSVwAE7_7t.jpg large

内容をさらっと説明します。

1.軽騎兵序曲 スッペ

小学校の音楽の時間聞かされたと思います、またCMなどBGMに散々使われてるので大抵ご存知かと。
馬が走るような軽快なリズムで構成されてますからクラシックファンならずともとても聴きやすいと思います。イージーリスニングという趣でしょうか。

2.ピーターと狼 プロコフィエフ

童話を音楽で表現した愉快な物語です。様々な楽器が動物たちの生き生きとした姿を思い起こさせる秀作、これも肩の力を抜いて気楽に楽しめる作品でしょう。ストーリーは童話なのでさほどのものじゃないですが、クラリネットのネコとかオーボエのアヒルとか雰囲気がピタリと合ってて、なかなか軽妙ですよ。

3.交響曲第8番 ドボルザーク

今年のメインはドボルザークです。有名な「新世界」は9番なのでその直前のシンフォニーです、派手さはないもののよく聴くと名曲であることがわかってきます。
去年のブラ1同様この曲でもチェロの活躍の場が多く用意されてまして、そりゃもう張り切って挑ませてもらいます。

今年は曲の長さが短めで例年より早めに終わりそうです。
駐車場は文化会館に加え、隣の産業会館が取り壊され広大な場所がありますのでだいぶ余裕を持って止められるかと思います。

深谷ではまだまだクラシックの浸透は浅いものがあり、それほど話題も集めないのが実情です。
なぜ何百年も前の音楽を未だに演奏するのかそしてそれを聴くのか?生演奏を聴いてそこら辺を感じ取ってもらえれば幸いです。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Body
FC2カウンター
 
月別アーカイブ