FC2ブログ

石匠風間ブログ

深谷から箴言

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

枯れる感性

以前から図書館によく行きます。
古い作家などは本屋より充実してるしね。話題作だと予約100人とか待たなきゃいけないのが難点だけど、いまはメールで用意出来ましたと知らせてくれるしね。

そして読書好きだと認知されてから複数友人がちょくちょく貸してくれる!ありがたいことです。
今月はすでに何人かの知人から借りてます。積ん読状態です。
「これ読む?」と聞かれるとどんな本でも断らない方針なので当然の帰結でしょう。

問題は借りて読んだ結果いたく感動してしまった場合。
これはいずれ何度も再読したいと思わせるような本も時たま在り、かといってその都度借りるのも煩わしいし、結局買ってしまったり。
すでに読んだ本を買うというのも若干引っかかるのですが、仕方ないか。

というジレンマを抱えていたのですが、最近になって以前読んだ本を読みなおすことが頻繁になってきまして、こうなると成功戦略であったなと益々はばかりなく借りるようになるわけです。

ところが、です。
50歳を過ぎて感受性が変わってきたかなと思わずにいられないくらい、これは鉄板!と感動に対して強い信頼を持っていた過去作品があれ?ってくらいつまらなく感じちゃう事例が増えてきまして。

なんなんだろう?
小説にかぎらずマンガでも映画でも、何だこりゃ的な読後感が頻繁。

つまらない、まではいかないものの強く惹かれるようなことが減ってます、如実に。
これもまた枯れるということなのかな。ちょっとずつ体力も心も衰えて感受性もまた損なわれていくのかも。

まあいいんでしょう。仏様に近づいていくのだから、世相に振り回されず達観を得るその段階とでも理解しましょう。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Body
FC2カウンター
 
月別アーカイブ