FC2ブログ

石匠風間ブログ

深谷から箴言

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニスやってみて

最近夫婦でテニスやってるのです。

まず、末っ子が大学のテニスサークルに入り相手する事態になりました。
ぼくもテニスサークル入ってたのですが、長いブランクを経た今まともにプレイできるとは到底思えず、それどころか間違いなく怪我するんじゃないかと心配でした。

ダッシュしたりせず足腰に優しくやれば大丈夫かなとコートに立ったわけです。
アキレス腱切ったりしたらバカバカしいし。

しかし、玉が飛んでくると条件反射的に飛びついちゃいますね、パブロフの犬状態です。
で、1時間だけやってみたら、あれ?思ったよりできるなと。
もちろんポワ~ンと山なりに返すのがやっとなのだけど、それなりにラリーも続くし、そうなると俄然面白くなるってもんです。

そんなわけで夫婦テニス週一でやってます、ウォーキングより面白いのは確か。寒くなったらやめそうだけどw

とりあえずサーブもできないしボレーもおぼつかないので他所様とやろうとは思えません、もうちょっとまともにならないと。
って、なにせ若者と違って上達意欲に欠けてるのですよね、走り回って汗かいてそれで満足しちゃうので、これはおそらく下手のままかもしれません。それでもいいじゃん!と思う自分を感じるのできっとこのままでしょう。

先日も隣のコートではうまい小学生が「ビシッビシ」鋭い球筋を魅せつけてくれましたが、我々は「ポワ~ン」です。
それを恥ずかしいとも悔しいとも思わないところが初老ですね。
いや逆にね、そんな達観した心持ちなら悪くないんじゃないかと、年取るのも。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Body
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。