FC2ブログ

石匠風間ブログ

深谷から箴言

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

『君の膵臓を食べたい』住野よる

81X-Epg7_lL.jpg

内容紹介
偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

病を患う彼女にさえ平等につきつけられる残酷な現実。【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語。
全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至!


これが存外に面白かった。
映画化もされよく売れてるみたいで、買わずとも貸してくれた。でなきゃ恋愛小説を手に取ることはないのだけど。

不治の病と高校生活ってのは、ありがちな設定だなあと少し斜に構えて読んでたのだけど、文章がなかなか巧みで楽しませてくれるし、一気読みはしなかったがしたくなる気持ちもわかるというもの。

「こんなませた高校生いねーよ」とか毒づきながら、それでもキャラの魅力に抗えず読み進んでクライマックス泣かせどころ、泣かせようと企んで書いてるよなと思いながらもわかっていてもきっちり泣かされますw

この物語は文章の力を存分に発揮した小説だと思います、映画化しても面白くなるか疑問。
やはり文章の秘めた力って想定外の影響力を持っているのではないか、と素直に感じた一冊です。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Body
FC2カウンター
 
月別アーカイブ