FC2ブログ

石匠風間ブログ

深谷から箴言

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天保悪党伝』藤沢周平

514KQQWDW7L._SX329_BO1,204,203,200_

内容(「BOOK」データベースより)
天保年間の江戸の町に、極めつきのワルだが、憎めぬ連中がいた。博打好きの御家人・片岡直次郎、辻斬りで財布を奪う金子市之丞、抜け荷の常習犯・森田屋清蔵、元料理人の悪党・丑松、ゆすりの大名人として知られた河内山宗俊、そして吉原の花魁・三千歳。ひょんなきっかけで知り合った彼らが、大胆にも挑んだ悪事とは…。世話講談「天保六花撰」に材を得た痛快無比の連作長編。



すっかり書評から遠ざかってましたが、相変わらず読書はしてます。ただ以前に比べ再読が激増してするとブログに書くまでもないかってことで。
新しい本をドキドキしながら読むよりも中身の分かってる再読を楽しむなんて、ますます老人化しておりますw

さて、最近SFに偏りすぎた感のある読書ですがそんな中でこういう古臭い作品を読むと逆に新鮮で、肉食べ放題のさなかに生野菜を摂るみたいな。藤沢周平は時々読んでましたがこの本はまた藤沢っぽくない味わいがあります。なにせ悪人が主役だなんて。

「たそがれ清兵衛」や「武士の一分」など、地味で清廉な侍が主人公ってイメージが強かったのに、ギャンブルにハマった料理人とかどっちかというと我々凡人に近い人を情感たっぷりに描いてます。

それぞれ主役の違う連作短編だけどそれなりのつながりがあってオムニバス短編っていう感じかな、情景描写とともにさらりと描く人間が心地よいです。

考えてみると、吉川英治や池波正太郎などが若者向けだとしたら藤沢周平はおっさん向けなのかも。すごくしっくりと収まりが良いというか。

実生活に疲れたらこういう癒し系の作品も読んだらいかがかと。お薦めです。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Body
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。