FC2ブログ

石匠風間ブログ

深谷から箴言

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤井聡太四段の快進撃

fs10286952.jpg

藤井聡太四段は15日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた順位戦C級2組で瀬川晶司五段(47)に午後10時53分、108手で勝利し、自身の持つデビュー以来の公式戦連勝記録を「26」に更新した。全棋士対象の連勝記録としての歴代2位は変わらず、神谷広志八段(56)が1986~87年度につくった「28」まであと2勝に迫った。

元の記事を読む
http://www.yomiuri.co.jp/matome/20170616-OYT8T50006.html?from=tw#csidxfc146f8d674038794ad963290c52151
Copyright © The Yomiuri Shimbun



将棋の話題がテレビを賑わすのは稀なことです。
なかでも今年に入ってからの藤井聡太の連勝は驚愕のニュースであり、一過性の強さでないのは明らかでしょう。

彼の棋譜を見てみましたがぼくごときでは何がすごいのかわかりません、普通の居飛車戦法としか。
連勝記録をどれだけ伸ばすのか、いや伸ばさなかったとしてもすでに実力は折り紙つき、遠からずタイトル戦で活躍するに違いないでしょう。

ここ数年のA.I将棋の進化によって将棋人気に翳りが差し始めたかと、まあ元々人気のある競技じゃなかったとしても、一番強いのが人工知能って結論付けられたらいささか興ざめなのは如何ともし難いわけで。

そんな中まさに救世主的に出現した14歳。
谷川や羽生でさえここまでの注目は浴びなかったと思うし、それもこれもA.Iの影響は無視できないでしょう、学習法がまるっきり変わっちゃったわけですから。

もしかすると今後の将棋の強さは低年齢化が進み、かつ活躍時期が短期間になるなんてこともありえなくないでしょう。
そんな極端な予想が出てくるくらい14歳少年の破竹の連勝は驚きなのです。

また良くも悪くも人工知能は将棋というゲームを変えてしまったように思います。
なにせA.Iの選択する指し手の良し悪しをトッププロですら解説できない現状、良し悪しの判断が今まで積み上げてきた定跡に準じないってのはどうしようもない。

もちろんA.Iも無敵ではなく時々負けるのですが、そこらへんがわずかな人間の望みなのかな。

いや、以前にも何度も訴えてますが、人間対A.Iという構図自体がナンセンスだと思うし、人間と車のかけっこを考えるようなものだしね。あくまで人間対人間を論じるべきで、事実そのほうが面白いし、藤井くんがポナンザに負けたって大した影響にはならないでしょう。

ところで、卓球やらサッカーやら最近10代のスターが頻出してるのって、「ゆとり世代」が過ぎ去って力をためた本格派が爆発し始めたってことなのですかね?

関連記事

Comments

Leave a Comment


Body
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。