石匠風間ブログ

深谷から箴言

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フェルマーの最終定理』サイモン・シン

41J3TjWsxqL.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」以後、あまりにも有名になったこの数学界最大の超難問「フェルマーの最終定理」への挑戦が始まったが―。天才数学者ワイルズの完全証明に至る波乱のドラマを軸に、3世紀に及ぶ数学者たちの苦闘を描く、感動の数学ノンフィクション。


もう何度も読んでいるのだけど、数年おきに読みたくなる本、で常に面白くて・・・ってこんなにコスパの優れた物事ってそうないでしょ?まさしく名著だと思います。一家に一冊だと思うのです大げさでなく。

まずぼくのような数学苦手モノにも食いつきやすいように数学の基礎=紀元前の話から始めてくれるのがありがたい。
ピタゴラスの定理は学校で習っと思うけど、このピタゴラスこそ我々の文明を大発展させる礎のひとつとなったことは間違いないと思う。
ところが紀元前5世紀くらいの人で、実際にはよくわかっていない人物。人伝えに「ピタゴラス教団」という数学集団がかつてあったことが知られており、そこで高度の数学が研究されたらしいとか。
古代中国でも同様の定理が古くから伝わってるらしく本当にピタゴラスが発見したかは不明だそうだけど、紀元前の話を証明しようもないしね。

で、そのピタゴラスの定理・・・直角三角形の斜辺をZ、他の2辺をX.YとするとXの2乗+Yの2乗=Zの2乗が成り立つ
これを発展させたのがフェルマー予想で
「Xのn乗+Yのn乗=Zのn乗、nが3以上の場合整数解を持たない」というもの。

そしてそのピエール・ド・フェルマー本人が
「私はこの問いの真に驚くべき証明を発見したがそれを書き記す余白が足りない!」
と、煙に巻いたようなとぼけた落書きを参考書の端に記したことから300年に及ぶ数学者の挑戦が始まったわけです。

もしフェルマー当人が大したことのない凡人でああったらこうも騒がなかったでしょう、しかし素人数学者ながらしっかりと実績を残してるもんだからあながちホラとも言えないぞ!と世界の名だたる数学者が挑んだということです。

ガウスやオイラー、ガロアなど数学史に名を残す偉人とともに解決のカギとなった要素のひとつ「谷山:志村予想」も紹介されることで日本人が関わっているのが嬉しいじゃないですか。
本当に様々な人が関わって諸々の悲喜劇を繰り返しながら証明に至ったという言うなれば大河ドラマです。

数学関係者には当たり前な知識なのかもしれないけれど、ぼくのような数学音痴にとってこれほどわかりやすくとっつきやすい数学書はないでしょう、つまりこの本はフェルマー予想を口実にした数学史のダイジェストになっているのではないかな。
だから数式だけでなくそれに関わる人間が暗に描かれていてそこに強い感動が生まれるわけです。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Body
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。