FC2ブログ

石匠風間ブログ

深谷から箴言

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リバース』湊かなえ

514xsOFI3SL.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
深瀬和久は平凡を絵に描いたようなサラリーマンで、趣味らしいことといえばコーヒーを飲むことだった。その縁で、越智美穂子という彼女もできてようやく自分の人生にも彩りが添えられる。と思った矢先、謎の告発文が彼女に送りつけられた。そこにはたった一行、『深瀬和久は人殺しだ』と書かれていた。深瀬を問い詰める美穂子。深瀬は懊悩する。ついに“あのこと”を話す時がきてしまったのか、と。


そして「イヤミスの女王」湊かなえを久しぶりに。

イヤミスとは「嫌な気持ちにさせるミステリ」の通称で、まさしくその通りな作家。ぼくは見てないけど色々テレビドラマになってるんでしょ?この人の作品。今回もタイムリーにドラマスタート直前でした。

結論先言えば、まあ純粋に娯楽として楽しめるレベルではあります。最後にズドンと落としてくれる「イヤミス」技法も含めて高い技量がうかがえます。

ただ、この人の文章、どうも読みづらいんだよな。なんだろ、やけに引っかかりがあってスルスルと薦められないのがストレスフル。倒置法とか主語なし文とかテクニックのつもりなのかやたら多いせいかな。

まあそこは良いとして。
ミステリだから少々現実的にはあり得ない展開も許すとして、この主人公のイライラさせるようなネガティブな性格とその描写を何とかして欲しいところ。

いや、ぼく自身ネガティブなのだけど、それでもこういうふうには思わんだろ?って箇所が多すぎて、そうなると共感できないんですよ。共感できないと読書ってうまく頭に入らないので疲れるのですよ。

文章が読みづらいというのは難しい文章ではないです、むしろ簡単で短時間で読了できます。もっと文の意味的な部分で受け付けづらい、ぼくだけかもしれないけど。

しかし、今回は最後の1ページで大曇天返しなわけで、そこはすごいです。さすがの腕力!
文句ばかり言ったけど、娯楽として十分に読み応えありますから。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Body
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。