FC2ブログ

石匠風間ブログ

深谷から箴言

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『王とサーカス』米澤穂信

51F7ee1taxL._SX338_BO1,204,203,200_

内容(「BOOK」データベースより)
2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり…。「この男は、わたしのために殺されたのか?あるいは―」疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは?『さよなら妖精』の出来事から十年の時を経て、太刀洗万智は異邦でふたたび、自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。2001年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクションにして米澤ミステリの記念碑的傑作!


続けて米澤穂信読んでみました。

これは表向きミステリの体裁を持ちながら、実際に起きたネパールの王宮事件を下敷きにしてジャーナリズム論を展開しているという重たいものです。

そう、なんせ重たいw
そのミステリの部分と報道論を切り離して扱うこともでき、そういう楽しみ方はあるでしょう、純粋な謎解きとしてはネパールという異文化の舞台が独特の効果を醸し出してるか。

ただ、主人公大刀洗万智(たちあらいまち)が報道人はどうあるべきか?に少なからず心を悩ませ、肯定したり否定したりを繰り返すその姿は、情報に溢れもはや制御不能となった我々現代人そのものの懊悩する姿のように移りました。

日々消費される様々な情報。身近なものから国際問題まで我々は情報を字面であるいはワンショットで理解したかのごとく錯覚し、しかも次々訪れる別の情報に押し出され短時間で費やされ忘却していくわけです。森友学園もしばらくすると忘却の彼方でしょうね。

それを操るジャーナリストとしては真摯に仕事に向き合っているなら本書のように少なからず悩むでしょう、というかこれくらいは考えて欲しいな、といったところです。
「これくらい」と言ったのは、本格的な報道論には程遠い表層的問題提起だろうからそう表現しました。

というわけで軽いものではないけれど、時間が許すなら読んでほしいなと思いました。主人公の女性ジャーナリスト=大刀洗万智が男前でかっこいいです。お薦めです。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Body
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。