石匠風間ブログ

深谷から箴言

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『満願』米澤穂信

41FtdEgl4hL._SX344_BO1,204,203,200_

内容(「BOOK」データベースより)
人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは―。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーライターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。



話題になっていたんで読んでみました。

この著者、どこかで聞いた名前だなと思ったら『インシテミル』か。あれはちょっとしんどかったかな、本格ミステリではあったけどさほどには感動も薄く、というか殆ど内容忘れてしまったか。

今回はどうかというと、これがなかなか面白い!

それぞれの話が独特の味があって人間が描かれていて、大掛かりではないけれどひねった展開が興味深いです。

もちろん「そんなわけあるまいに」というミステリ特有の無理クリな設定も感じる部分ありますが、そこはミステリの世界、看過します。

この現実に則したリアルな部分と突飛な部分、そのバランスが面白さを決めるのかな。読み終わった後、ジワァっと心に広がるなんとも言えない心持ち。

正直派手さには欠けるでしょう。
大きな感動があるわけではないけれど、こういう本は本棚のわかり易い場所に置いといて手持ち無沙汰なときにふと手を伸ばす、なんていう状況にぴったりな本です。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Body
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。