FC2ブログ

石匠風間ブログ

深谷から箴言

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『七つの会議』池井戸潤

51rnWiPp64L._SX338_BO1,204,203,200_

内容(「BOOK」データベースより)
トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不可解な人事。急転する事態収束のため、役員会が指名したのは、万年二番手に甘んじてきた男、原島であった。どこにでもありそうな中堅メーカー・東京建電とその取引先を舞台に繰り広げられる生きるための戦い。だが、そこには誰も知らない秘密があった。筋書きのない会議がいま、始まる―。“働くこと”の意味に迫る、クライム・ノベル。



久しぶりに池井戸潤を読みました。一時期は続けて何冊も読んでたのが、やはり飽きが来て手に取らなくなってしばらく経ちます。
そして久々に手にとったものの期待せずに読んだのが良かったか、むちゃくちゃ面白かったです。

ドラマ『半沢直樹』のような勧善懲悪ビジネスバトルではなく、『下町ロケット』のような企業間根性バトルでもなく、本作はいうなれば“企業内ミステリ”要素を強く打ち出してるところがよかったかな。

どの話にもミステリ要素は必須なのだけれど、今回はより強くより複雑に描いている点、しかも社会問題として現実にありそうな話題を入れてきたこと。

会社の倫理観が問われる昨今、すでに似たような問題はしょっちゅう起きてるし、巨大企業でなくでも町工場よりは規模の大きい絶妙の中堅企業で扱うところが問題を難しくしてるのかな。

でもね、他の作品でも思ったことだけど、池井戸の話は清く正しいほうが必ず主役になるのだけど、正直言って、こんなに清く正しい経営姿勢を貫ける経営者って現実いるのかね?ぼくは無理だな。

それにしてもぼくのような家族経営の個人事業主にとっては、このような「会社世界」の一端を垣間見れることは非常に興味深く読み応えがあります。
もちろん現実の会社はこうじゃないと言われるでしょうが、細かいことはいいんですw
空想世界でサラリーマンになれるわけで、自分と違う別の何かを体験できるのが読書の醍醐味でしょう。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Body
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。