FC2ブログ

石匠風間ブログ

深谷から箴言

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

『ユリゴコロ』沼田まほかる

41cAY5-9ooL.jpg

内容紹介
亮介が実家で偶然見つけた「ユリゴコロ」と名付けられたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。創作なのか、あるいは事実に基づく手記なのか。そして書いたのは誰なのか。謎のノートは亮介の人生を一変させる驚愕の事実を孕んでいた。圧倒的な筆力に身も心も絡めとられてしまう究極の恋愛ミステリー!


『九月が永遠に続けば』を読んで以来だから数年ぶりか。
正直期待しないで読んでみたのですけど、そんな背景もあってか面白かったです。

「イヤミスの女王」なんて言われる著者だけど
(*嫌な気持ちにさせるミステリーの略)
本作は、かろうじてスカッとした結末、かな?引っかかりはあるものの。

デティールとしては気色悪い設定を保ちつつも力技で感動させるような感じかな。家族を舞台にしただけにかえって気色悪さは倍増するものの、最後の感動もひとしおとなるのかな。

なんとなく東野圭吾っぽさが臭ってくるのも言っておくべきでしょう、売れ筋作家に習ったのか、著者本来のストーリーテリングなのか。

と、ぼやきながらもミステリとして面白いことには変わりなくて、読み始めたら止まらなくなることは保証します。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Body
FC2カウンター
 
月別アーカイブ