FC2ブログ

石匠風間ブログ

深谷から箴言

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

『コンビニ人間』村田沙耶香

715eQT0YZqL.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。



芥川賞というのでなくテレビで読書芸人(又吉、光浦等)がこぞって薦めてたので興味持ちました。

あっという間に読み終わるのは昨今の活字離れを具現化した若い作家っぽい作風か。ホントにコンビニみたいに気軽で便利な小説です。

ちょっっと社会性の欠如した、いやだいぶ欠如してるむしろ脳機能障害と言われかねない主人公の物語。
そんな本を面白いと思う自分は、少なからず共感を得たからで、それは褒められたことではなく社会の一員としては恥ずべきなのでしょうか。

Amazonのレビューにも「自分と似てます!」的な書き込みが多く見られ、あるいは今の世相を如実に反映した秀作なのかもしれない。

ただ、
「普通に生きることを強要される窮屈な社会」みたいなテーマをいう人がいるけど、それが社会を成立させる条件なのだから仕方ないじゃないか。
それが嫌なら世捨て人になって山の中で暮らせよ、って話ですよ。

普通ではない主人公も普通を装ってそのギャップに少々苦しむのですが、最後に自分は自分、普通でなくたっていい、とまるで悟りの境地に至るわけで、これが本書の答えなのかな。当たり前といえば当たり前の結論ではありますが、そこに至るドラマは妙に心を打ちます。

しかし、こんな人存在するのかな?人間的な欲望(生存欲以外)ほぼ0ってあり得ない気もします。
しかし脳科学者の本を読んだ経験ではあり得そうな状況、これはむしろ軽度な障害かも。

率直に言うと、簡単な文章は読みやすいしキャラクターもわかりやすいし展開も読み続けたくなる魅力満載、と面白い本ですが、なんとなく人に薦めるのを躊躇させる空気がある本かな。
ただし、ぼくの好みとは関係なく、今後こういう小説が主流を占めていくような予感がします。
関連記事

Comments

Leave a Comment


Body
FC2カウンター
 
月別アーカイブ